「放課後戦記」初日舞台挨拶レポート<シネ・リーブル池袋>(1回目)

 
4月7日(土)「放課後戦記」初日舞台挨拶を行いました!
この日は一日かけて3か所、4回の舞台挨拶を行う大忙しのスケジュール。
全員女子!なキャストも総勢12名が揃い、おおはしゃぎな舞台挨拶ツアーになった一日をレポート!

 
 

まずは最初の最初、マスコミの取材も入ったシネ・リーブル池袋での1回目の舞台挨拶から!
 
<シネ・リーブル池袋>1回目(マスコミの取材回)
ゲスト:市川美織さん、秋月成美さん、りりかさん、窪田美沙さん、井上美那さん、大野未来さん、小泉萌香さん、片岡沙耶さん、新田祐里子さん、加藤美紅さん、野々宮ミカさん、三橋栄香さん
 
ゲストがステージに揃ったところで、MCから嬉しいお知らせが!
「放課後戦記」の海外上映が決定!
5月25日から台湾、5月23日~27日までドイツで開催されるハンブルグ日本映画祭で上映されます!
詳細は随時公式からお知らせしていきます!
 
嬉しいお知らせに盛り上がる中、キャストのみなさんからご挨拶。
市川さん
「門脇瀬名を演じました、市川美織です。この映画は短い期間での撮影だったんですけど、全員女子ということで、和気あいあいとした楽しい現場でもあり、撮影していくうちに私の心がだんだん死んでいくという…。明るかった私がそれくらいのめりこめる役をいただきまして、自分の中で瀬名も成長しているし、自分でも映画を通して成長できたなと思っているので、ぜひみなさんにも成長の姿を見ていただけたら嬉しいです。」
 
秋月さん
「護華養子役の秋月成美です。初日を迎えられてとても嬉しいです。映画はいかがでしたでしょうか?(この舞台挨拶は上映後の舞台挨拶でした。)キャスト、スタッフみんなで一生懸命一丸となって作り上げていった作品なので、どうかもっともっと広まっていくように力を貸していただけたら幸いです。」
 
りりかさん
「憑対弓立役を演じました、りりかです。この作品で初めて映像でアクションシーンをやらせていただきました。それを観ていただくことができて、とても嬉しいです。この映画を世界のたくさんの人に観てもらえたらいいなと思います。」
 
窪田さん
「求邑知歌役の窪田美沙です。今日が初日ということでたくさんの方が観に来てくださって、とても嬉しいです。私自身、知歌ちゃんを演じさせてもらって初めての経験をさせていただいて、貴重な時間を過ごせたなと思っています。今後もいろいろなところで放課後戦記が上映できるように、たくさんの方に知ってもらえるように広めていくので、みなさんも宜しくお願いします。」
 
井上さん
「自尊慈律子を演じさせていただきました、井上美那です。放課後戦記を観ていただいたみなさんの、少しでも勇気になったり、自分を大切に思うきっかけになっていただけたら嬉しいなと思っています。」
 
大野さん
「親河和枝役をやらせていただきました、大野未来です。この映画にはいろんな性格の女の子がたくさん出てくると思うのですが、どの子をピックアップして観るかによって映画の見方が変わってくるんじゃないかなと思っています。なので、1回とは言わず、2回3回と観ていただけたら嬉しいです。」
 
小泉さん
「闘鷹争役の小泉萌香です。舞台に引き続き出演させていただきましたが、舞台と違う面も多くあり、より、独特な世界が映画では見られるので、是非、劇場で観ていただけたらと思います。本当に貴重な体験をたくさんさせていただきました。この映画が、たくさんの方に広まっていってくれたら嬉しいです!」
 
片岡さん
「都解未明役、片岡沙耶です。私もおととしの舞台から続き、映画でも都解未明役をやらせていただきました。とても考えさせられる作品だと思います。一人でも多くのお客様に観ていただけたらと思います。これからも、応援よろしくお願いします!」
 
新田さん
「大溝成美役をやらせていただきました、新田祐里子です。この作品は放課後に殺し合いをするという非現実的なストーリーに加えて、心の中に誰もが持っている恐怖や不安を描いていくお話ですが、楽しんでいただけたら嬉しいです。」
 
野々宮さん
「新得姑獲鳥役を演じました、野々宮ミカです。まず、みなさまにご質問がございます。私のこと、見つけられたよー!って人!(ちらほら客席から手が挙がると…)あ!!いた!!ほんとに!?じゃあ、見つけられなかった人はもう一度と言わず、もう2、3回劇場で観ていただきたいなと思います。私は舞台から引き続き出演させていただいて、和気あいあいとして楽しい現場で映画も素敵な作品になったと思います。」
 
加藤さん
「花序敷沙秩役を演じさせていただきました、加藤美紅です。今まで、舞台や謎解きゲームなど展開している放課後戦記に最初からずっと関わらせていただいて、今日という映画公開初日を迎えられたことを本当に嬉しく思っています。」
 
三橋さん
「存比良果保役をやらせていただきました、三橋栄香です。今回、ツインテールで初めてアクションシーンをやらせていただいて貴重な経験をさせていただいて、とても光栄でした。この作品に関わることができて、とても楽しかったです。」
 

この回はマスコミの取材が入っていたこともあり、キャストのみなさんからのご挨拶で時間がいっぱいいっぱいに…
市川さんから最後に一言!
 
市川さん
「本日無事に初日を迎えられました。たくさんの方に支えられた放課後戦記です。初主演という大役を任せていただきました。でも、私だけでなくたくさんの仲間たちがいたから作り上げられた作品です。たくさんの方にクラウドファンディングにも参加していただきました。本当にありがとうございました。
この映画は栃木県の佐野市で撮影をしたのですが、先日佐野市でロケをして、佐野厄除け大師にりりかちゃんと監督と行ったんですね。その時に勝お守りを買って、映画のヒット祈願をしたんですよ。その後、おみくじを引いたらまさかまさかの大吉を引きましたー!(今年の初詣でご自身が引いたおみくじは末吉だった市川さん。)運も味方につけた気がするので、台湾や映画祭での上映も決まり、日本だけでなく海外のいろんな方に観ていただけたらと思います。本日は本当にありがとうございました!」
 

MCから映画祭から声がかかった経緯が、映画祭の主催者から監督へ直接SNSを通じて連絡があったからだったと説明があると…
 

市川さん
「映画は国境を越えますからね!映画に言葉なんていらないんですよね!字幕があればいいんですから!笑
みなさんも#放課後戦記 でぜひこの舞台挨拶が終わったらすぐツイートしてください!そうやってみんなで拡散していきましょうね!キスシーンあるって言ってもいいんですよ!濃厚だったとか言っても大丈夫ですよ!笑」
 

最後に市川さんからの名言(?)も飛び出して、全員女子!による和気あいあいとした舞台挨拶になりました!
ここから、「放課後戦記」舞台挨拶の長い一日が始まる…
 

 

 
 

「放課後戦記」初日舞台挨拶レポート<シネ・リーブル池袋>(2回目)

 
ゲスト:市川美織さん、秋月成美さん、りりかさん、窪田美沙さん、井上美那さん、大野未来さん、小泉萌香さん、片岡沙耶さん、新田祐里子さん、加藤美紅さん、野々宮ミカさん、三橋栄香さん
 
 

先程の舞台挨拶と違い、今度は映画上映前の舞台挨拶ということで、
市川さん「観たらもっとドキドキしますよ。」
 
大野さん「始まって数分で殺気のある緊張感の中に連れ込まれると思います!」
 
小泉さん「あんな子がこんな風になったり、こんな子がね(笑)」
市川さん「えー!ちょっとダメだよそれ以上は!えー!?」(意味深な感じに「えー?」を連発する市川さん。笑)
 
片岡さん「とあるシーンで、身体を張ってとあることをやったので!」
市川さん「もしかして…出しちゃった?」(片岡さんはグラビアアイドルとしても活躍中)
片岡さん「出してないわ!笑」
まだ観ていないお客さんのドキドキを煽るようなキャストの挨拶が(笑)
 
 
そんな中、初演の舞台『放課後戦記』でうまれたキャラ“うぶたん”登場!うぶたんが初見の方は、初演の舞台がDVDになっているので、そちらでチェック!

舞台『放課後戦記』DVDはこちらから!
 
野々宮さん「うぶたんだよ、映画ではこんなキャラは一切出してません。なので、この舞台挨拶限定でやっていきたいと思います(笑)
みんなが映画については語ってくれたので、私は今日の楽屋について語りたいと思います。とりあえず、とってもいい匂いです!そして、めっちゃうるさいです(笑)
こんな感じで現場も和気あいあいとやってたみたいなので。ネタバレはしないけど、私は1日しか撮影いなかったから(笑)」
市川さん「うぶたんを探してみてください!」
野々宮さん「私がどこに出たか探して!見つけられなかったら、その後もずっとここ(シネ・リーブル池袋)で見続けて。見つけるまで帰れません。」
 
この映画のひとつのテーマになっている<全員女子>というワードについて…
市川さん「撮影場所が学校だったので、体育館でみんなでご飯食べてるのが給食みたいな感覚でした。どうですか、りりかちゃん。」
りりかさん「みんながそれぞれ学校の先生みたいな感じで、キャラが出てて楽しかったです。」
秋月さん「撮影中泊まっていたところが宿舎みたいで合宿のような感じで、私とみおりんとりりかちゃんと3人部屋で、あと女の子が2部屋くらいで分かれていたんですね。隣からはお菓子パーティーしてる声が聞こえてきてすごく楽しそうなんですけど、私達の部屋は誰も喋らず、だんだん一人ずつ部屋からいなくなり、私はずっと部屋で一人でした。笑
でも、その距離感がいい意味で映画に反映されていると思うので、そこにも注目してもらえたら!」
 
ここでMCから爆弾投下。夜中にカップラーメンを食べていた人がいた…?
市川さん「え!夜中にカップラーメン食べてた人いるの?」
誰?誰?とざわつくキャストたち。夜中のカップラーメンという女子には重罪に誰とは言わないけれど…
小泉さん「(カップラーメンもあったけど)確かに、宿舎にお菓子があったんですよ!」
市川さん「初日に買い込んだよね?」
三橋さん「めっちゃ大きい段ボールに山積みのお菓子がありました!」
その量のお菓子が2、3日で無くなっていたという、まさかの女子エピソード!
 
全員女子!エピソードも聞けたところで、最後にMCから一言を求められた市川さん。…でしたが!急に窪田さんに振る!
市川さん 「どうですか?みーしゃん!」
窪田さん 「え!」
この日の舞台挨拶ツアー、窪田さんはスケジュールの都合で池袋のみの参加でした。ここで終わりになってしまう窪田さんから一言もらうべく、突然振った市川さん。
窪田さん 「今日私は池袋だけということですが、これから上映ということで、ぜひ楽しんでいってもらえたらと思います。では、お返ししま~す!」
いきなり現場レポーター風になる窪田さん。急な振り返しで応戦。笑
市川さん 「どうも、現場からは以上です。笑
本当にたくさんの方の協力があって、できた映画です。台湾での上映も決まり、ハンブルグでの映画祭にも招待をしていただいて、多くの方に観てもらえる機会が増えてきました。放課後戦記を観た方が、影響されたな、と思う映画に選んでもらえたら嬉しいなと思います。」
 
うぶたんが登場して、驚きの女子エピソードが発覚した、シネ・リーブル池袋での2回目の舞台挨拶でした!
 
そしてこの後、放課後戦記一行はバスに乗って遠足気分でイオンシネマ幕張新都心へ向かう…
 

 
 

「放課後戦記」初日舞台挨拶レポート<イオンシネマ幕張新都心>

 
ゲスト:市川美織さん、秋月成美さん、りりかさん、井上美那さん、大野未来さん、小泉萌香さん、片岡沙耶さん、新田祐里子さん、加藤美紅さん、野々宮ミカさん、三橋栄香さん
 
 
バスでの移動の疲れも見せず、幕張に来ても元気過ぎるチーム放課後戦記のみなさんです。
 
まずは、主演の市川さんから一言!
市川さん「皆さん映画いかがでしたか!?大変な現場でしたが、瀬名を演じることで、瀬名も、私自身も成長していった現場だったなと思っています。瀬名の成長とともに、私の気持ちも高まって、なぜかりりかちゃんを見ると涙が止まらなくなるっていう。笑
そして、私が華養子を見ると、成美ちゃんが泣き出すっていう、なんだか不思議な関係性ができあがっていきまして…完成を観たら、そんなに泣く?!ってくらい泣いていました。笑」
 
市川さんを泣かせたりりかさんは…
りりかさん「誰よりもいいポジションで瀬名とあんなことや、こんなことをさせていただいて、本当にいい経験になったなと、思っています。笑」
小泉さん「私も、初めての経験をさせてもらって、あんなことや、こんなことを…」
市川さん「どこ?どこ?え?なに?なにしてたっけ?」
小泉さん「あれ、私のときだけそんなにつっこむの?笑」
市川さん「なんか押し倒された気がする~!ねえ!みおりんを押し倒すなんてね!!」(客席に賛同を求める市川さん。笑)
小泉さん「いいでしょ~?押し倒させていただきまして!なんて、たくさん貴重な経験をさせていただいたこの作品を、たくさんの方に観ていただけたら嬉しいです!」
 
あんなことやこんなこと話に続いては、片岡さんから撮影中の裏話!
片岡さん「私が最後に屋上から飛び降りるシーンがですね、みおりんと私の真剣なシリアスなシーンだったんですが!なんとその真横で、バイカーのおじさん達がバーベキューしてたんですよ!!お肉のすっごいいい匂いがしてくる中、一生懸命長いセリフを言ってね!」
市川さん「バーベキューやりたかったー!!その光景を頭に思い浮かべながら、あのシーンを観るとまた泣けるという…(笑)」
片岡さん「あ~この横でおじさんたちがバーベキューしてるのか~ってね!また違う面白さが感じられるんじゃないかなと思います!」
 
シリアスシーンの笑える裏話もありつつ、話題はやっぱり<全員女子>というキーワードへ…
新田さん「全員女の子のキャストという現場にあまり経験がなくて、その上、合宿のような感じで泊まりながらの撮影が楽しかったです!宿舎ではわいわいしてるけど、次の日またシリアスなシーンの撮影に出かけていくのが、なんだか不思議な感覚でした。笑
今日もバスで移動して、修学旅行みたいで本当に楽しいです!」
野々宮さん「私、りりかちゃんのお風呂覗きに行きました!」
りりかさん「私一人だけが出番のない時間があって、その時間にお風呂貸し切って長風呂してました。」
これに続いてあがる、“一緒にお風呂入ったよね”の声。
MCによると、撮影が終わるとみんな血のりだらけで宿舎に戻ってきていたそうで…
市川さん「(血のりだらけで)カピカピになっちゃってるから、帰ったらすぐお風呂みたいな感じだったから、結構一緒に入ってたよね?」
大野さん「血の量でいったら、みんな同じくらいだった気がするけど、どうだろうね?」
市川さん「宝示戸役の遠藤新菜ちゃんが血のりを口に含んでて、口の周りが血だらけのシーンがあるんですけど、夜に近い時間に撮ってたこともあって、ものすごいホラーでした!その状態で押し倒されて、首絞められてるシーンがトラウマになってましたもん!笑」
まさかの血の量を張り合う舞台挨拶のトーク…!
 
振り返ってみると押し倒されているシーンの多い市川さん。一番キュンとした押し倒されシーンは?
市川さん「押し倒されているシーンよりもですね、りりかちゃんに手を引っ張られていくシーンです!扉越しに華養子と話したあと、行くよって憑対に連れていかれるんですけど…手クイ?(壁ドン的なあれ)腕クイ?にキュンとしました!強引なところがいいんですよ!」
壁ドンに続く萌えワード誕生…?
 
市川さん「押し倒されたりしていますが(笑)、たくさんの方に支えられてできた映画です。台湾、ドイツでの上映が決まったのも、みんなの力が集まった結果だと思います。ここから、もっともっと放課後戦記を広めていけたらと思います!」
 
マスコミの取材時間が必要ないので、少しずつトークの時間が長くなっていく舞台挨拶…
調子の上がってきたチーム放課後戦記(笑)
この勢いのまま、イオンシネマ港北ニュータウンへ向かう!
 

 
 

「放課後戦記」初日舞台挨拶レポート<イオンシネマ港北ニュータウン>

 
 
ゲスト:市川美織さん、秋月成美さん、りりかさん、井上美那さん、大野未来さん、小泉萌香さん、片岡沙耶さん、新田祐里子さん、加藤美紅さん、野々宮ミカさん、三橋栄香さん
 

いよいよ、長い一日も終わりへ…
最後の一か所、イオンシネマ港北ニュータウンです!
最後ということで、それぞれが演じた人格を真面目に……?
 

市川さん「映画はいかがでしたか?初めて観た方は、アクションシーンもあり、でも、瀬名の心の中のお話ということで、難しかったんじゃないでしょうか?私も演じさせていただくにあたって、撮影中は毎晩監督のところにいって、大丈夫ですかね?って確認するくらい不安もあって…でも、たくさんの仲間に支えられて、できたと思います。出てくるたくさんの人格の中に、ひとつでも自分に近いものがあったり、共感してもらえることろがあったら、嬉しいなと思います。難しかったな、って方はもう1回劇場で観てもらえたらと思います。」
 
秋月さん「それぞれの人格が必死に戦っていく姿がみなさんの心に響いて、記憶に残る作品になればいいなと思っています。華養子を演じていて、瀬名がリアルにボロボロになっていく姿を見ていると、顔見るだけで泣けてきちゃうくらい、(ここで隣の市川さんが秋月さんの顔をのぞきこむ)あ、今はもう全然そんなことないんですけど(笑)、役に没頭して作り上げた作品なので、たくさんの方に広がればいいなと思います」
 
りりかさん「瀬名のことを考えて、瀬名のために、みおりんのためにとずっと考えていたら、頭の中がいっぱいになっちゃって、気が付いたら、瀬名が大好きで、みおりんが大好きになっていました。みおりんの初主演映画がいいものになったかな~?とみなさんの反応が気になって、ドキドキです。」
 
井上さん「映画を観ていただいて、明日からまた頑張ろうとか、何か勇気をもてることが少しでもあれば嬉しいなと思います。キャストもみんなそれぞれ悩んで戦って、役を生き抜いたので、それがスクリーンから伝われば嬉しいです。」
 
大野さん「みなさん推しメンの子はいましたか?それぞれの人格が全く違う女の子たちが集まっているので、誰を主観にして観るかで見方が変わってくると思います。2回、3回と観ていただいて、色んな視点から観てもらえたら嬉しいです。」
 
小泉さん「全編通して大変な撮影でしたが、私が一番大変だったのは死ぬシーンです。各々、死ぬシーンは特に大変だったと思います。」
市川さん「最後どんなシーンだったっけ?」(確信犯で小泉さんに聞いている市川さん)
小泉さん「愛のくちづけをされたと思いきや、舌を噛み切られてしまうという…」
市川さん「痛かった?」
小泉さん「めちゃくちゃ痛かった!」
市川さん「みなさんも、愛の誘惑には騙されないように気を付けてください(笑)」
小泉さん「そうやってみんな大変なシーンがあった半面、楽屋とか休憩時間ではみんな本当に学校の休憩時間みたいな雰囲気で、楽しかったです。そういうみんなとの楽しい時間があったからこそ、大変な撮影も乗り越えられたなと思っています。」
 
片岡さん「放課後戦記あるあるをお話しようかな!みんな順番に死ぬシーンが来るわけじゃないですか。(撮影はほぼ台本の順番に行われていました。)初日はみんな宿舎で修学旅行みたいに盛り上がってたんだけど、日が経つにつれて死ぬシーンの撮影が多くなっていくと、みんなが撮影終わって帰ってきて、『死ぬシーンだった?』『そうそう!』みたいな。なんか会話があまりにも現実離れしてて、不思議な感覚になるのが放課後戦記あるあるです!」
 
新田さん「私は割と序盤で死んでしまったので、みんなの帰りを待つ方でした。死んでしまうみんなを待ちながら、非現実的な話だけど、誰の心にもある不安とかを伝えられたらいいなと思っていました。」
 
加藤さん「舞台は初演から、謎解きゲーム、そして映画と放課後戦記にずっと関わらせていただいてきました。関わっていく中で、同じ役ではなく違う役を演じることでとても貴重な経験をさせていただきました。みなさんの心に、何かひとつでも残るものがあり、この作品を愛していただけたら嬉しいです。」
 
野々宮さん「みなさま、私のことを見つけていただけましたか?(今までで一番手が挙がりました!)ほんとに!?多いよ!嬉しい!最初に死んだのよ!なんならね、顔が映ってないのよ。叫び声でね、存在感出してるから!撮影もね、一日しか参加してなくて。朝、現場にみんなで一緒に行ったけど、昼間は新田さんのベッドで寝て、りりかちゃんのお風呂を覗きに行き(笑)」
大野さん「一日しかいなかったとは思えないくらいの存在感(笑)」
野々宮さん「そうそうそう!ご飯も一緒に食べてね、同じ釜の飯を食べた仲間ですから!本編とは程遠い休憩時間の楽しさでしたから!」
ここでまたもやうぶたん登場。ひとしきり、うぶたんで挨拶をした野々宮さんですが…
あまり客席の反応が良くない…?
市川さん「うぶたんはね、初演の舞台で出てきた子ですよ!ちなみに舞台観たよって方?」
客席のほとんどから手が挙がる!
市川さん「えー!すごいすごい!みんな観てくれてる!ということは、みんなうぶたん知ってるのに、失笑されてるのって一番つらいやつだ!笑」
野々宮さん「やめてよ!笑」
 
三橋さん「うぶたんの後はとてもやりにくいです!笑
リハーサルを重ねて、アクションの練習をとにかくしました。そのドキドキ感が伝わっていたら嬉しいです。ここにメンバーの一員として、関わらせていただいたことがとっても光栄です。」
 

真面目さも面白さも盛り込んで、それぞれが人格について、放課後戦記についてお話をしてくれました!
そして、この時点で今までで一番長い舞台挨拶になっているという危険信号(笑)
MCがさりげなく、最後の挨拶を促します。
 
市川さん「初日を迎えられたことが嬉しいです。初主演映画という大役ですが、みんなに支えられて、助け合ってできたと思っています。瀬名も最初はみんなに支えられて、でも、支えられてるばっかりじゃダメだ!って自分で立ち上がる成長があったみたいに、私自身も成長できた作品です。全国で公開されて、海外での上映も決まって、夢のようなことばかりです。アイドルを卒業したあと、一人の女優として放課後戦記と一緒に前に進んでいけたらと思っています。最初の舞台挨拶で、大吉のおみくじを引いたってお話をしたんですけど、撮影中には四つ葉のクローバーを見つけたんですよ!これはもう映画ヒット間違いなしって思いました!冗談じゃなく、運にも味方してもらっていると思うので、観た人にもラッキーがあると思います!」
 
回数を重ねるごとに、徐々に長くなっていった舞台挨拶ツアー(笑)
こうして、チーム放課後戦記の長い一日は終わった………
みなさんお疲れさまでした!
 

放課後戦記、公開中です!